FC2ブログ

Mana.tのArt Diary

とある高校2年生のアートな(?)日々

スポンサーサイト

Posted by Mana .t on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッケージデザイン プレゼン

Posted by Mana .t on   0 comments   0 trackback

今日はデザイン基礎の授業で、講評会でした。

課題が、

「あなたのグループで"今の日本に必要な事業"を起業することになりました。グループワークを進めて、CIをデザイン、制作しなさい」

というもの。

私たちのグループは、同じグラフィックデザインの子ばっかりで、そのうち二人は同じ曜日だからけっこう仲間はいい人たちばかり(^ー゜)

今日までの段階としては、

1 今の日本に何が必要かリサーチ

2 グループ毎にブレーンストーミングを行い、コンセプト立ち上げ

3 コンセプトを元にCIデザイン案をメンバー個々にバリエーションワーク

4 3をもちよりグループ内で錬成。
個々の解釈で清書

5 メンバー個々の4を元に取捨選択して採用案の決定

6 CIによるパッケージデザイン

7 プレゼンボードの制作

を2学期最後の方からやってきました。

で、そのパッケージデザインとプレゼンボードの講評会。

たびたび"CI"という言葉が出てきてますが、CIっていうのは

一般の人からみて「どんな企業か」をわかりやすくしたような、その企業に特有のものをイメージさせるもの。

1 社名、ブランド名

2 社章、ブランドのロゴ

3 コーポレートコピー(企業のキャッチコピー)

のことです!!!

(資料を見ながら自分なりにまとめてます)




プレゼン内容。

私たちのグループは「Art Gym ARCUS」という企業をつくりました。

何をする企業かというと、その名のとおり、スポーツジムのように気軽に通うことができるアートのジムです。

この企業の特徴は、年齢層が広いことで、子どもからお年寄りまでを対象としています。

子どもたちは、学校から帰ってきてから、ゲームばかりするんじゃなくて、ここに通ってもらう。

大人は会社帰りに、ちょっと絵を描いて癒されたいとか、昔は描いていたけれど、大人になって働きながら描くのは大変、だから大きなキャンバスにどかっと描いてみたり。

お年寄りは定年後、ひまができたら、お仲間づくり、スキルを上げる、老化防止なんかに。

…というコンセプトはどう今の日本に関わってくるかというと、

今の日本には、「発想力」がない、というところからです。

それはアートの世界のことだけでなく、政治や普段の生活にも言えることなのではないかと、私たちは考えました。

だから、このアートジムで、発想力を鍛え、未来に繋ぐ架け橋になってほしいという願いを込めて、会社名を"ARCUS"(ギリシャ語で虹の意)にしました。

課題のパッケージは、入会記念などで使う色鉛筆ケースという設定でつくりました。







私が、このパッケージを作る上で特に考えたのは、様々な年齢層のどの年齢の方が持っていても、おかしくない、むしろちょっとおしゃれだなと、思ってもらえるようなデザインにしたいということです。



こちらはコンセプトボード(に貼る紙)

イラストレーターをこんな目的で初めて使用しました。

読みやすく、また読みたいと思ってもらえるように、出来るだけ短文で間をあけたり、色を似せたり、というところを工夫したつもりです。



以上で私のプレゼンはおわりです。




どうでしょうか。

私は、こんな場所が本当にあったらいいな、と思います。

先生にもそう言っていただきました(*^^*)やったね

先生は、すごく良く思ってくださって、先生も仕事しながら作品作るのは本当に大変だから、こんな場所があったらうれしいとおっしゃってました。

誰か本当に作ってくれないかな~

このアイデアを盗むのは歓迎ですよ~

私に一言ほしいけど…

だって絵画教室みたいなのはあるけど、会社でってのはあんまり聞いたことがありませんからね~

あったら教えていただきたいですが^ ^

ここまで読んでくださったみなさんはこのブログを広めてくださいね~

ほんとにこんなのできたらうれしい。

もちろんね、他のグループも、同じグループの他の子もとってもよかった!!

紙袋とか、お菓子のパッケージとか、ほんまにありそう!!っていうか商品化できそう!!っていうのも多々ありました。

明日は先生イチオシの谷4かどこかでやっている日本のお土産のパッケージの展覧会に行ってきます^o^

すごいGOODタイミング!!

今日はもうひとつ、深い話をきけましたが、それはまた覚えていたら載せます(^ ^)

クリエイター、特に学生さんが聞いたらとてもためになる話でした

また折に触れて紹介できたらなと思っています。

長くなりましたが、最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://artmanat.blog.fc2.com/tb.php/55-6d59ee1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。